業者にゴミ屋敷の片付けを依頼しましょう!

清掃用品

若い女性の部屋の問題

清掃用品

捨てられない女性が多い

ゴミ屋敷は、最近では社会問題でも取り上げられるほど、その存在は増えつつあります。一般にテレビのニュースで目にするゴミ屋敷の住人は、中年の男性が多く、ゴミ屋敷といえば物を貯め込む中年の男性に多いというイメージがあります。しかし、最近では片付けられない若い女性の部屋が、ゴミ屋敷化されていることがひそかな問題となっています。女性のゴミ屋敷は、身だしなみや仕事は普通の人とかわらずに行っていることも多く、表面化することがほとんどありません。しかし、ふいに家族や知人がアパートを訪問した時などに、個人ではどうすることもできない状態になっていたという場合もあります。人にばれたくないという心理も働き、誰にも相談できずに、一人で悩んでいることも少なくありません。自分では片付けようがなくなった場合、片づけを代行してもらえるサービスがあります。家事代行サービスは、若い一人暮らしの女性も頼みやすいように、業者によっては、女性のスタッフのみを派遣して片付けてもらうこともできます。また、近隣に片づけを依頼しているとばれたくない場合も対応してもらえることがあります。大規模なトラックの搬入などではなく、軽トラックでの細かい荷物の運び出しなど、要望をきいてくれる業者もあります。まずは、電話で業者に問合せをしてみることが大切です。業者に依頼することも勇気が必要ではありますが、プロのスタッフはゴミ屋敷の片付けに慣れています。最初の一歩が、その後の生活を変えてくれるきっかけになります。

ゴミ

部屋にあるゴミ処分や清掃

ゴミ屋敷の片付けは、家事代行などの業者を使うと効率よく終わります。費用や作業時間は、ゴミが床全体にある状態なら3万円から4万円で2時間程度、ゴミが天井まである場合は、6万円から8万円で半日の作業時間です。家全体がゴミ屋敷なら、約20万前後で約1日の作業時間ですが、いずれも業者によって違いがあります。

ウーマン

不用品の処分も可

自宅がゴミ屋敷になってしまったら、家事代行サービスを行っている業者に依頼すれば、ゴミ屋敷の片付けだけではなく、不用品の処分も行ってくれます。片付け後の家のクリーニングサービスを利用すると、隅々まで部屋がきれいになって便利です。

ゴミ屋敷

プロの清掃を依頼

掃除や片付けがどうしても苦手という人は多いですが、時にはゴミ屋敷化してしまうこともあり、こうなると個人での対応は難しくなってしまいます。ゴミ屋敷をきれいにするには、不用品の処分は欠かすことができませんので、まずは専門の業者に依頼し、回収を行ってもらいましょう。